東京の美容外科で埋没法の施術を受けました

一重のせいで憂鬱

埋没法 東京埋没法について

一重のせいで憂鬱二重になるために安心して二重になれました

私の子供の頃からのコンプレックスは、一重まぶたでした。
自分が周りの友人たちと比べて目が小さいことに気付かされたのは小学生の時で、クラスメイトの男子生徒からからかわれたことがきっかけだったのです。
その生徒は軽い気持ちでいったのかもしれませんが、目が小さいと笑われたことを私は一生忘れることができないでしょう。
それくらい深く傷付き、私はその場から消えてしまいたい思いでいっぱいでした。
からかわれた日を境に、友人たちの目が自分よりも大きいことが気になってしまい、羨ましくて仕方なくなってしまったのです。
どうすれば友人たちのようにぱっちりとした目を手に入れることができるのか、どうして私の一重まぶたはこんなにも眠そうに見えてしまうのか、考えれば考えるほど憂鬱な気持ちが芽生えてしまいました。

両親は2人とも二重まぶたのぱっちりとした目をしていて、もしかしたら私は本当の子供ではないのかもしれないとまで考えるようになってしまったのです。
学校でも家でも考えることは目のことばかりで、一度母に対して泣きわめいてしまったことがありました。