東京の美容外科で埋没法の施術を受けました

二重になるために

一重のせいで憂鬱二重になるために安心して二重になれました

どうして私だけが小さな目なのか、本当に2人の子供なのかと泣きわめき、今になって当時のことを振り返ってみると、母には心から申し訳ないことをしてしまったと反省しています。
しかしながらあの頃の私は、大きな目を手に入れることが何よりも重要であり、そのことばかり考えていたのです。
そして決意したのは、自分でお金を貯めることができたら、そのお金で美容整形をすることでした。
正直なところ、美容整形に対して恐怖心がなかったわけではありません。
いくらコンプレックスを抱えているからといって、顔を変えることは大きな決断が必要でした。
高校生になるとバイトを掛け持ちして、大学生になってからもバイトに精を出しました。

埋没法の手術から2日目(3/18)

昨日と腫れはあまり変わりありません。でも、目やにの量は落ち着いてきました😇
目が乾燥してる感じで少し痛いような😢あまり気にならないので大丈夫ですが...スマホを見ると目が疲れてきついのでなるべく控えています。つっぱる感じがあり基本半開きで生活してます笑 pic.twitter.com/QQWumyydHY

— ましゅ (@ksi_dkyu_jyu555) 2019年3月18日
その結果大学2年生の時に、目標にしていた額を貯めることができ、私はいよいよ美容整形を受けることを決意したのです。
まず行ったことは、どのクリニックで施術を受けたら良いのかをリサーチすることでした。
私が住んでいる東京には数多くのクリニックが存在しており、どこを選んだら良いのか迷ってしまいました。
そこで参考にしたのが、そのクリニックで実際に施術を受けたことがある人たちの口コミでした。
たくさんの口コミをチェックした結果、患者から高い満足度を引き出しているクリニックを見つけることができたのです。
私はそこを選び、まずはカウンセリングを受けました。